スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

…………………雑でした。 

交流戦最終カードっつーことで神宮入り。相変わらず狭っ。
雲ひとつなし

一週間くらい前に阪神に5点差ひっくり返された影響か、最近はあまり流れがよろしくないようで。
…火・水辺りは記憶障害になってるんだけど、試合ってあったんだっけ?覚えてねー(´∀` )

怪我人が続出してるんだから当然といえば当然なんだけど、復帰待ちってのは言い訳になっちゃうし前向きじゃない。彼らが万全を期して帰ってこれるように、健在な選手にはもう一頑張りしてもらわんとね。

ヤクルト 17-3 ロッテ

合計20得点28安打の荒れ具合ながら3時間弱で終わった驚異のゲーム。
原因は両先発投手とも制球力に定評があり、両軍とも早打ち傾向になって結果的に四死球がほとんどなかったことですな~。
んじゃ結果の差異はなんで発生するかって?ウチのチームね…すごく………雑。
以下、俺の観戦中の心の声をテキスト出力してみました。

内角から外角に変化するストレートって新しいよね、初球の入りが適当過ぎ~、内野連携拙くてゲッツー取れないってどーよ、神宮はボーナスステージではありませんので…無茶振り禁止、スタート遅っ、レフト前3塁打ってスコアブックにどう書けばいいんだろ、この回って5個はアウト取ってるよねホントは。藤田は一体何をしにきたんだ、はいはい暴投後逸悪送球っつーかバックホームしたら二塁行かれるってあーもー、まー相手がグライシンガーなら誰投げても同じか、アウトっすか…そんなに早く帰りたいっすか審判、無死2・3塁+カウント1-3+竹原 = 内野☆フライ。

観てるほうも雑然とせずにはいられない、そんな試合だったです。

噂のグライシンガーは確かにやばかった。
乱暴に表現すると、ライアン・グリンのストレートとスライダーを軸に、薮田ばりに抜けるチェンジアップでタイミングを抜き、昔のダルビッシュが多投してたシンカーで左打者を手玉にとり、コバヒロのような低めへの意識付けと内外角への投げ分けが徹底されている。そんな投手。
打てるわきゃねーーだろ(笑

明日こそプロっぽい内容を期待。とりあえず接戦が観たい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorityblog.blog44.fc2.com/tb.php/184-c3753154

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。