FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会人の感覚と時間の価値 

正式雇用期間に入って2ヶ月弱。
ここまで5月病とかに悩まされることもなく、結構楽しみながら仕事をさせてもらってる。
単純にまだ壁にぶち当ってないだけだろうし、いざ修羅場に直面したら気楽なことも言えなくなると思うけど、とりあえずここまでは想定してた良い滑り出しが出来てる気がする。
ただそれでも、物事への視点と時間の感覚は想像以上に変質した。

活動時間に対する仕事時間の割合が圧倒的になってくると、まず世の中の時事に疎くなってくるのがわかる。
赤ちゃんポストに3歳児が入れられても、同い年の警察官が殉職してしまっても、肉親の首を持ってうろつく高校生が居ても。
感傷的にはなれど、関心度は昔より確実に低くなってるし、以前にも増して個人的な見解の枠から出たがらない自分が居る。多分そんなもんなんだろうな。

自分は元々ケジメをつけたり気分の転換をするのが凄く苦手なのだ。
仕事に没頭すると家に帰っても頭にこびりついてるし、息抜きし過ぎると職場でも気が抜けてしまう。
上手く切り替えて時間を有効利用するって意味では、やっぱり何か創造的な趣味でも持つのが一番かも。充実感と成果物が両得出来れば日付・曜日感覚も希薄にならないかもしれないし(笑
いっそプログラムを趣味にしちまえばメリット的には一石三鳥くらいになるんだろうけど、なんかね…幸せになれないような気がするんだ(汗
そういう趣味のない俺はせめて平日でも野球中継が観れるような時間に帰りたいわ…。

プロ野球24TVに対応していないauを初めて忌々しいと思う今日この頃。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorityblog.blog44.fc2.com/tb.php/182-eaf81988

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。