FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色々と凄いものを見てしまった 

球場観にいった人は、本当にお疲れさんでした。
ずーっと思い出に残りそうな試合でしたねぇ。変な意味で。

無事ライト外野席を確保してゆっくりしてたら、応援団の方が各ブロックごとに新しい応援歌やルールの指導と確認を行ってました。毎年割と混乱しがちなので、とても良い気配りですな。
牽制ブーイングの禁止と、投球時の「オーー」という掛け声はドラムリードがあるときのみ限定、とのことで。ブーイングは疑問視されてたので妥当な判断だと思います。
そんで黒い画用紙を手渡されたんですよ。何かと思ったら、
これは凄ぇ…
こういうことでした。応援フラッグ全員配布といい、球団も巻き込んでやることのスケールがでかくなってますなー。応援リードも専用マイクが付いてたし(笑

ダルビッシュは凄かった。
昨年のポストシーズンも見てたけど、実際に生で見て実感した。
球威そのままに更に制球力も上がってる感じ。ツーシームで147km/hとか反則じゃないか?
順調にスタミナがつけば更に躍進出来る気がしますな。というか対戦したくねぇ(;´Д`)

ウチの外野守備もスゴカッタ。
大松は打球の落下軌道がやばかったのでしょうがないとこもあるけど、ベニーは…前進守備で自動車バックはちょっと……。
かといって竹原も似たようなものなので、今年もサブローが外せない日々が続きそうです。
DHなしの交流戦が今から怖ぇ…。

F・ズレータはバケモノだった。
6回2死1・2塁で福浦の場面。ズレータに満塁で打席を回せばHRで一気に同点じゃないか!とか都合のいいこと思った人は素直に挙手。( ´Д`)ノ。
そんな自棄な考えが現実化するのだから、野球はわからないし面白い。

※センターからホーム方向へ真逆風8mです。
完璧な負け試合をたった一人の才能で覆してしまう。これが本当の「助っ人」って奴なのか。
なんかズルイ気がしてしまうのは訓練され過ぎてるかな(汗

正直引き分けでいいよ、と思った。
その後、7回表途中からスコールが降り出して30分中断。
シャワーのような雨
なんかはしゃいでたマーくん
そして、ゲームセットが宣言された5分後。↓
天候回復。やっちまったな
不完全燃焼で残念だけど、流れもへったくれもない試合模様からすると、引き分けが一番平和的な終わり方かもしれない。今日コバマサ出したら何が起こるかわかったもんじゃない(笑

というわけで、パ・リーグの賽は投げられました。今年も大混戦の盛り上がりを期待します。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorityblog.blog44.fc2.com/tb.php/172-d279000a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。