FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[新書] ウェブ進化論 --本当の大変化はこれから始まる 


ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる
梅田 望夫 (2006/02/07)
筑摩書房

この商品の詳細を見る

刊行はほぼ一年前だけど、作中の時代展望は益々現実化しているように感じる。
Web2.0・ロングテール・ブログ・オープンソース・Google・Wikipediaといった、WEB世界で新機軸になっているトレンドをわかりやすく解説している。
と同時に、それらの本質的かつ潜在的な価値を思考し、それらが現実の世界や社会構造に及ぼすであろう影響について語っている。
題材の詰め込み度と抽象度が若干高く感じる割に読みやすいのは、筆者が根を下ろすシリコンバレーが持っている独特の熱気と特有のノリみたいなものに因っている。と、勝手に思っている;
未熟ながらWEB系SEを志向している自分にとって、筆者が感化されている楽天主義には共感できるし、視点や考え方も近いものを感じるし、なにより素直に面白かった。
一個人が実感するにはちょっと話のスケールがでか過ぎるけどね(汗
新書というジャンル特性もあり、技術論よりは社会論気味なのでご注意を。

まぁ、最後の方に載ってる羽生善治氏のコメントが最も秀逸だったのだけど。
「ITとネットの進化によって将棋の世界におきた最大の変化は、将棋が強くなるための高速道路が一気に敷かれたということです。でも高速道路を走り抜けた先では大渋滞が起きています」
たとえどんぐりの背比べでも、どんぐり自体の平均身長が伸びまくっているということか。
そしてそのくらいのどんぐりを蹴散らせないようでは、プロ足り得ない時代なのか。
恐ろしい話だ…。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorityblog.blog44.fc2.com/tb.php/167-092f5fd2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。