FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストーブリーグ雑感。 

千葉ロッテという球団を一言で表すならば「来るものは拒まず、去るものは追わず」
ファンのメンタリティにも深く根差してるこのスローガンは、優良助っ人を手放す不手際(どこぞの韓国人の話ではない)や、トライアウトやトレードを期待値以上の補強と捉える人事に対する自嘲であり、また誇りでもある。これこそが俺たちの千葉ロッテ、と。
というわけで、マリーンズには生え抜き主義という伝統があるわけではなく、居る人間でなんとかするのに慣れているということです。
近年稀に見る激動のストーブリーグにおいても、台湾の期待株左腕獲得や早川-辻トレードなど、「らしい」手法に少しの不満と相変わらずの安心感みたいなものを感じてたわけで。

ロッテ、ズレータ獲得か・ソフトバンク交渉打ち切り

第1感。多分メジャーに移籍で決着でしょ。
第2感。え、本当に獲んの?どうしちゃったの!?(笑
第3感。戦力的にはアリだけどDH埋まるのかー。
第4感。パスクチ…。
第5感。他球団の助っ人打者獲るなんてローズ以来じゃないか!………ぇ"(汗

もし実現したらとても頼もしいけど、喧嘩は勘弁してください。というのが本音かな。
願わくばビジネスとしてだけではなく、マリーンズの一員として馴染んでもらいたい。
来るのなら大歓迎しますから、春季キャンプで帰ったりしないように…(汗
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorityblog.blog44.fc2.com/tb.php/144-7f67efe6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。