スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ライトノベル] 学校の階段 


学校の階段 学校の階段
櫂末 高彰 (2006/01)
エンターブレイン

この商品の詳細を見る


某友人から無理やり押し付けられtありがたくお借りした作品。
正直言って舐めてたし、さして期待もしてなかった。
日常学園モノってジャンルは使い古されてるイメージがあったし、設定もまぁ…よくありそうなというか、ベタというか。
これぞライトノベルと言わんばかりの「軽い」文章も、特に非凡ってわけではない。
…ないのだが、読了後のこの妙な高揚感とカタルシスはなんなんだ。

勢いとノリで文字通り突っ走るこの話は、細かいこと考えずに「感じる」べし、だな。
処女作としては頑張ってる方ではなかろうか。

しかし割と綺麗にまとまってるせいで、続巻の話が想像できない…。コレ続くの?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorityblog.blog44.fc2.com/tb.php/125-0ad25f63

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。