スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[新書] 美しい国へ 

あえて、今最高にベタベタな本を読んでみる。


美しい国へ 美しい国へ
安倍 晋三 (2006/07)
文藝春秋

この商品の詳細を見る

現総理大臣である安部晋三氏の成り立ちと、在り方が自伝的に綴られている本。
「安部晋三」という一個の人間としての観点が前面に出ており、予想以上に読みやすく、すごく簡潔に書かれているなーという印象。
単に理想論をかざすだけでなく、角度の違う様々な視点からの現実論や史実を土台にした上で提言されているので、不可視の説得力を感じますな。終盤に疲れてきてるけど(汗
現時代に対する漠然とした違和感やよく指摘される問題点なんかに対して、「日本人としての普遍的価値観」が体系的に示されてるんで、「すっきり」した読後感が残った。

個人的には、右だの左だの騒ぐ前に日本人なら読んどけ、と。
少なくとも今後の氏の行動原理を理解するために、一役買ってくれるでしょう。

Interesting Sentences
・「保守主義」の言葉のもつ語感
・その時代に生きた国民の目で歴史を見直す
・「経済制裁効果なし」の根拠なし
・国はわたしたちに何をしてくれるのか
・ある神父の卓見
・「君が代」は世界でも珍しい非戦闘的な国家
・「地球市民」は信用できるか
・「偏狭なナショナリズム」という批判
・日本とドイツ、それぞれの道
・"行使できない権利"集団的自衛権
・自由と民主主義の六十年
・子育ての価値は損得を超える
・誇りを回復させたサッチャーの教育改革
・家族のモデルを提示しない日本の教育
・映画「三丁目の夕日」が描いたもの
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorityblog.blog44.fc2.com/tb.php/114-0dc90193

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。