FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[単行本] SEの読書術―「本質を読む」力を磨く10の哲学 

本を読んだら時系列でメモしておくと良い、みたいなことを最近よく聞いたり目にしたりする。
読むだけ読んでさっさと忘れてしまう、気がついたら同じジャンルの本しか読まなくなってた、みたいなことを防げる効果があるらしい。すごく耳痛い(笑
というわけで、書評なんて大それたもんじゃないけど、読んだ本はちょっと書き留めることにしますわ。

SEの読書術―「本質を読む」力を磨く10の哲学 SEの読書術―「本質を読む」力を磨く10の哲学
技術評論社編集部 (2006/02)
技術評論社

この商品の詳細を見る

現役SEで本もいくつか出しているような、10人の考え方や読書法に関する語録。
各々似たようで異なる個性と信念があり、同じテーマでも一冊飽きずに読めた感じ。
対立するような意見も普通に併記されている忌憚のなさがナイス。
紹介されてる書籍も興味あるんだが…英語読めねー(;´Д`)

Interesting Sentences
・情報っていうのは、客観的事実が集まったものです。それを主観的にまとめたのが知識。
・「自分の部下に本を読ませたいなら、自分が本を読みなさい。」
・技術者である限り、技術書はまず切り離せないと思います。でも、技術書ばっかり読んでたら、外の世界は見えない。掘り下げてばっかりなんですよ。井戸を深く深く掘ってるだけで、井戸の外は見えないんです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorityblog.blog44.fc2.com/tb.php/110-33e34ceb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。